アロマテラピーで使用する精油は作用重視で選ぶと失敗することがあります。自分には必要のない成分を選んでしまっていることがあるからです。では、どうやって選べばいいのか?それは、精油の香りが本当に好きな香りかどうかです。

リラックスの代表格にラベンダー・アングスティフォリアとカモマイル・ローマンがあります。もしも、これらの香りがあまり好きな香りでなかった場合は、リラックスはあまり期待できません。人によってはミントなどの強い香りでリラックスする人もいます。あくまで統計的な見解と心得ていた方がいいです。

本当に好きな香りとは何か、それは「体が欲している成分」です。嗅覚の感覚器官は脳の本能の領域(大脳辺縁系)と繋がっています。そのため、「本能」と密接に関係しています。他の感覚器官はには見られない特徴です。

精油選びは、鼻に頼るのが一番間違いが起こりません。

(もしもこんな所があったらいいとは思いませんか?)

・100種類以上の精油(プラナロム)の中からあなたが欲しているブレンドを導き出し提供する。
・カウンセリング(調香中)は本能に焦点を当てレシピを作り出し、またいろいろな香りを試せるのですごく面白い。
・一度作ったレシピは詳細が確認でき、いつでもまた買える。
・価格帯もリーズナブルな2,160円(税込)から体験できる。

REVANLでは上記を含め、お客様のニーズにお応えしたオンリーワンの精油を提供しています。

詳しくは当店のHPをご覧ください。詳しくはこちら
求める香りには深い意味があります。求める香りの秘密はこちら

~ よかったらREVANL(レヴァンル)に「いいね」をお願いします ~

ログインボタン
メルマガ
プラナロム精油